RAPiDBIKE

HONBA CBR250RR + データーロガー

ロードレースの地方選手権でも旋風を起こしているHONDA CBR250RR。先日のブログでもリリースしました燃調コントローラーのRAPiD BIKEは好調にユーザーが増えています。今回のホンダCBR250RRは最新のバイクらしくドライブbyワイヤーを採用。その関係からかCAN(コントローラー エリア ネットワーク)通信を採用されています。これにより既存のアナログタイプDSC_0191のデータロガーがそのままでは使用できません。そこで今回はAIM製のお手軽データーロガーでもある、SOLO DLのPlug and Play機能を使ってデータ収集を出来るようにしました。これにより、SOLO DLを車両に固定して専用のハーネスを1本を車両のカプラーに接続するだけでセットアップ完了!このあたりがCANの強みですよね。アナログでの収集ではこうはいかない!で、CBR250RRから収集できるデータはエンジン回転数(メーター表示用回転数)、リヤ車速、ギヤ段数、スDSC_0193ロットル開度、スロットルグリップ開度、エンジン水温の6種。これにSOLOに搭載のGPSを使ってのGPSスピードとなります。もちろんデータの解析はRace Studioが使用できます。これにより既存のAIMデータとの比較も簡単出来ます。現在、専用のPlug and Playケーブル並びに本体のデータのアップデート作業を準備中です!これで新型のCBR250RRのデータ収集も簡単に可能になります。

HONDA CBR250RR + アドコンピューター

今シーズンの台風であろうHONDA CBR250RR。車両もデリバリーが始まり各種情報がより速いスピードで飛び交っていますね。先週の筑波選手権で地方選デビュー、今週末はもてぎでは全日本選手権併催のJP250でデCBR250RR-TESTビューの予定。各ショップ、チームがしのぎを削っていることでしょう。同じように、各社から続々と種々のパーツもリリースされ始めているようです。そんな中、我らがRAPiD BIKEもCBR250RRのモジュールをテスト版にてデリバリー開始です!アドコンピュターのRAPiD BIKEからはテスト版ですが、まずはユーザー様の手元に届くように順次始まりました。
主な調整項目は燃料の増減、点火時期の変更、レブリミットの変更、などなど盛りだくさん。
燃料の増減についても回転数は40ステップ、スロットル開度は8ステップに設定。もちろん、そのステップ割合をTRIM変更することも可能です。このマップのステップは、燃料も点火時期も同じ割りになるためにセッティングを進めていくと有効性がより出てきます。またインラインの2気筒のためにそんなに必要性がないかとは思われますが各気筒ごとのマップ構成も可能に。この場合、噴射マッMAP-CONプが2枚に点火マップが1枚の合計で3枚構成にすることも可能です。レブアップについてはスタンダードが14000rpm(レースベース車は14500rpm)の所を15500rpmに調整可能(回転数の調整はユーザーサイドでは不可、発注時に指示をお願いします)。
この他にはMyTuinigBikeと言うオプションを接続することを強くお勧めします。これはワイドバンドラムダセンサーが付属してエンジンランニング中の排気管濃度を測定、目標の空燃比にちかずけるべく補正マップを自動育成する物です。モジュールならびにオプションがシームレスに作動するためにその威力は絶大です。ターゲットの空燃比を設定すればそのレンジの差異を埋めるべきトリムマップを生成、その次のサイクルからそのトリムを使って噴射していきます。よって、実際の走行状態合わせてのセッティングが手早く行うことが可能になっています。RAPiD BIKEはサブコンでは無く、アドコンピューターです。ご興味の有る方はお早めに。

好評のRAPiD BIKE Easy です!

今や新車で出荷されているバイクのほとんどがインジェクションに!2輪車に燃料噴射のインジェクションが搭載さIMAG0009れて早20年あまり。搭載された当初のモデルと比較すると、とても進化してきたインジェクションシステムでは有る。
しかしながら、現在搭載されているマップが完璧とは言えない。それはどうしても使用条件の相違、エミッションの問題等でいたしかたない。そこで登場するのが後付けで対応できるサブコンだ。今回のRAPiD BIKE Easyは純正装着のO2センサーを利Ninja250+easy1用してエミッションことロールする物。いろいろなサブコンが有る中でもこのEasyは取付も簡単のPlug & Playタイプ。車種によってはカプラーの1カ所に付属のハーネスを挿入するだけ。後は、純正のO2コントロールを利用してちょっこっとチューニングをもの。もちろん金額もお手頃の税込みでも3万を切る物。これでも下から上まで気持ちよいくらいドライバビリティーが変化。ちなみに社内でのテスト車両であるKAWASAKI Nija250Rでのテストでは最高出力がなんと2,2PSも向上、250ccのバイクでです!。最高出力もさることながら発進時などの低、中速域でのアクセルフィールのアップは特筆に値する物です。設定車種も増加中、まずは適用車種の確認を。この簡単Easyをぜひお試しあれ!

今夜の作業はこれだ!

今夜は社内で勉強会を実施中!アメリカで行われるパイクスピークに挑戦しているサイドカーチーム、このサイドSIDEカーチームのエンジンマネージメントをRAPiD BIKEで行っています。このレースイベントはロッキー山脈を高度3000m弱から一気に4300m地点のゴールに向けて登り切るタイムトライアルイベントです。ご存じのように高度が上がれば空気中の酸素濃度が薄くなり、人間もそうですがエンジンにもかなりの負DSCN6041担が掛かります。そのエンジンのマネージメントをRAPiD BIKEを用いてチューニングを行っています。今回はそのマシンにワイドバンドのラムダセンサーを取付け、走行中の排気管中の酸素濃度を計測しています。この計測値を元に燃料の噴射量を変更していきます。今回はサブパッセンジャー兼現地エンジニアの大関氏が先週末のテスト走行のデータ、走行映DSCN6043像等を持ち帰ってきたのでそれらを検証しています。現地での状況、生の声に走行画像と検証するための材料を一つ一つ確認作業をしていく。その状況等を元に今週末の試走用のベースマップを製作していきます。その後に、セッティングの方向性も作業手順も再度確認を。限られた時間でも出来るだけのことを行う!新たなマップでの試走は今週末、結果が待ち遠しい。海外で活躍する日本人にエールを!



Ken.T.Shimane

こんなパーツが有るのに!

Ninja250+easy1今、旬の250ccクラス、その中のKAWASAKI 250 Ninjaでは有るのですが、このテストデータは現行車でのお話です。くれぐれもお間違えの無いように。今年の鈴鹿8Hなどにも多数お使い頂いたインジェクションコントローラーのRAPiD BIKE。この製品の中でも最も簡単なシリーズに"RAPiD BIKE Easy"が有ります。これは名前のように取付も操作も簡IMAG0009単=Easy の優れものです。もちろん車種によって多少の違いは有りますが・・・。早いも車種ならば5分も有れば取付完了、即体感!。何ともEasy=簡単と言う事に偽りは有りません。このデバイスは設定などにパソコンなどは一切不要!車両に付いているO2センサー回路に車種別専用のワイヤーハーネス(本体付属)をカRB_LITEプラーオンで接続してあとはEasyの本体ともカプラーオン。これでIGキーONにして接続状態を本体裏側のLEDで確認。OKなら裏フタを付けて本体を固定で完了!Easy=簡単でしょ!ところで効能は???。そうなんですよね、気になる効能は?。私は始めは・・・、気になったので容易に調整出来るように本体をフロントブレーキのマスタータンクに仮止めしてテスト走行を開始。走行直後に変化をすぐにキャッチはするがまずは”気分?”と過ごすことに・・・。でも、やっぱり明らかにドライビィングフィールが違う事を体感。走行条件を変えて登坂を中心に、これは判りやすい!!!。回転数を一杯まで上げなくても、明らかにトルク感が異なる。特に、装着直後より装着走行後に外すとてきめんに判る。でも、これをどうやって伝える?。そこで策として、また確実な物としてすぐにベンチチェックを。それが、このパワーグラフ。明らかに装着後に8%のパワーアップがはっきりと。排気量がそれほど大きくない250ccだからこそこの数値の変化を体感出来るのでしょう!このデバイスは純正のO2センサーを使用するために全車に装着可能では無いのですが、税込で3万を切る価格でこの違いを体感出来るのはどう?RAPiD BIKEの対応表はこちらから。


Ken.T.Shimane
AUTO STUDIO SKILL
Blog Ranking
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 進化するインジェクションコントローラー ACT 1
  • 2回目の再開!
  • 好評のRAPiD BIKE Easy です!Port-2
  • 動き出した来シーズン!
  • 海外で活躍の日本人チーム その1
  • 今夜の作業はこれだ!
  • 今夜の作業はこれだ!
  • 入ってきましたよ!モタードスリックが!
  • Power SUPERSPORT インプレ Part 2
  • Power SUPERSPORT インプレ Part 2
  • Power SuperSport インプレ Part-1
  • CCF 74Daijiroライスポカップ 開幕戦
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-2 本体編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-2 本体編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-2 本体編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-2 本体編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-3 オプション編 その1
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-3 オプション編 その1
  • PILOT POWER 3 デリバリー開始!
  • PILOT POWER 3 デリバリー開始!
  • PILOT POWER 3 デリバリー開始!
  • PILOT POWER 3 デリバリー開始!
  • PILOT POWER 3 デリバリー開始!
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE 緊急番外編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE 緊急番外編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE 緊急番外編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE
  • レギュレーション変更
  • レギュレーション変更
  • 年明けに向けて熱いタイヤウォーズ?
  • Repair of the cylinder
  • Repair of the cylinder
  • 今年最後の初心者講習会と74Daijiro大人レースが開催!
  • 独り言?
  • 独り言?
  • まだまだ続くモータースポーツの秋
  • 日本グランプリ
  • ニューアイテム導入!
  • ニューアイテム導入!
QRコード
QRコード
Link


RacingSuit
プライドワン


メタリカ


シルコリン


ミシュラン


オーリンズ


ラピットバイク


レジーナ


74Dajiro
  • ライブドアブログ