GP125

motoGPのおみやげ!P-2

その他にはインテーク側にある浅溝とその溝にある小さな穴。これはピストンの冷却と潤滑性の向上でしょうDSCN4709ね!。それとその延長線上にある大きな肉抜きのホール。これには目を引きます。ピストンの裏側から見ると(見にくい写真ですが・・・)ピストンヘッドの強度確保のためにピストン頭部の肉厚が厚く造られているのも判ります。その結果ピストンの重量が重くDSCN4711なるのでヘッド部の強度を保ちながら軽量化を図るために大きな肉抜きのホールを削っているのでしょう!この加工はスゴイ!!!。そうそうこちらも写真では判りにくいのですがピストンのスカート部の肉薄さは天下一品物です。こんなに薄く作れるのはやはり鍛造での成型のおかげでしょうね。この写真はどうでしょう?そうピストンピン穴です。こちらにも細工が有る事が判りますか?潤滑ならびにフリクション低減を計った物でしょう。何とも細かな所まで手が加わっているピストンですね!数DSCN4753年前に見た物より向上しているように見えますね!なんと言ってもこのマシンも最終モデルですからね!
そうそう、こんなすごいピストンのライフが気になりません?このマシンのエンジニアに質問をしてみました。さて何kmのライフでしょう!
なんと!最大に使って200Kmとの事。数年前から毎日交換だったピストンですがそれよりも短くなったのかも・・・。まあ、それにしても絶品のピストンですね!



Ken.T.Shimane

motoGPのおみやげ!P-1

こんな写真はいかがですか?そうピストンですね!DSCN4713ピストンヘッドに"MOTEGI"なんて書いてあるのでお判りの方も。この間のGPの時に使っていたピストンですね!
     DSCN4708じゃあ、何の?moto GPもクラス的に2ストリークエンジンはGP125クラスのみ。よってこのピストンもそのものです。今回はこのピストンのすごさの一部をご披露してしまいましょう!DSCN4712私は以前から見たり触ったりをしていましたが今回は今シーズンで最後の2ストロークという事もあり、シーズン終了まで間近でもあるので公開しました。このピストンの使用車両については伏せておいたとしても、このピストン自体は俗に言うファクトリー物です。強度確保の為に鍛造にて成型されたピストンに各種追加工を施して製品化されています。外観から判りやすいものは超薄型のピストンリング。以前のHONDAもこのくらいの薄いピストンリングを使用していましたね!ひょっとするとこのくらいの厚さが限界の薄さなのかも。
P-2に続く!

 


Ken.T.Shimane

ブレーキとは P4

さてさて、P3からG/Wも過ぎましたがいかがですか?簡易テストやってみましたか?前回も書いたようになかなか出来ないと思いますがP3で紹介したようにCのテストだったら比較的に出来るのでは?と思いますよ!
で、ポイントは・・・。そうです、エネルギーは倍々になる事でしたよね!
と言う事はブレーキのかけ始め=スピードが高い時ですよね、その時のエネルギーは?そうです、そこから減速をすることを考えるとエネルギー量は最大ですよね!!!
では、おのずとブレーキに必要なパワーは最大になりますよね!
減速が始まってスピードが半分になったとします。その時のエネルギーはどうなったでしょうか?かけ始めた時のエネルギーと比較すると・・・、速度が1/2=エネルギーは1/4ですよね!
もし、減速開始時にタイヤのグリップが限界付近とします。そうすると、速度が半分になった時にはタイヤに掛かる減速負荷はグリップの4倍弱では?となると話が合わないですよね!限界グリップの4倍弱でグリップ?
となると、どうします?人間は非常に良くできているので何かを勝手にコントロールしているんですよね!本人の気が付かないうちだったりして。
ではでは、問題の解答です!ブレーキのかけ方っておのずとBになりません?上記のように限界付近の話だけでなく・・・。サイドブレーキを使ってのテストでも確認がすぐに出いるんですよ!AもCも、そんなブレーキングは有り得ないですよね!
そう、ポイントはエネルギーは倍々に変化する事です!!!
DSCN3367よ~く、考えてみて下さい、判りますよね!
DSCN3259写真は前回、掲載した物です。共に200Km/hを超えるスピードからのブレーキングをします。でも、全くもってブレーキの容量が異なります。スピードもさることながら車重が大きく異なる事から違いが大きく出ている例と思います!

Ken.T.Shimane

ブレーキとは P3

まだまだ、続編です!今日は復習大丈夫ですよね?

早く答えを!ですか?まあまあ、ゆっくり考えましょう!
簡易確認法やってみました?なかなか出来ないですよ~ね!
AはOKとして、Cをやってみましょうか。Aの時もそうですがなかなか車両が動いている時にサイドブレーキを触るのは抵抗がありますよね。そこでCならおっかなびっくりサイドブレーキを引き始めて次第に強めに引いてみて!
どうでした?効き具合感(減速感)を教えて下さ~い!通常時のブレーキング感と何が異なりましたか?
違いは有ったことを感じましたよね!
そう、ポイントは例の復習ですよ!http://blog.skill.jp/archives/3102502.html


DSCN3251

このキャリパーもGP125クラスの物です。でも、前回のと比べて下さい、
キャリパーの形状と表面処理(マテリアル)までもが異なります。さすが、2輪界トップブランドのブレンボさん!芸が細かい。(何のための相違かの詳細までは嶋根も知りません!)





Ken.T.Shimane

ブレーキとは P2

さて、第2弾?、単なる続きです。ではまずは復習からで~す。
そう、重要なのはエネルギーの話。重要なのは倍々ですよ!

ではP1の答えは?
普段のブレーキってどうやってかけていますか?それを思い出して考えて下さい。ここで少し困った事は人間の身体って良くできている(適当に出来ている?)から思いと違って勝手に動いている(コントロールしている)ことも有るんですよ~ネ!で、普段はどれですか?かけ方は?

簡単なテスト法を!。A,B,Cと有りますが簡単に再現出来る方法を!もちろん、運転に自身が有って他車など無い安全な場所が有れば試してみてもOKですよ!でも、その時に上記のように勝手に身体が調整しないようにして下さいね!
簡易法は転倒の危険が少ない(無い?)4輪車で行きましょうか!それもAを。ちょっと広い場所、う~ん駐車場かな?速度は5Km/h以下でOKです。そのスピードでブレーキでは無くサイドブレーキをかけてみて下さい。車を止めるようにですよ、別に急制動みたいで無くてOKです。軽くレバー(ペダル)を踏む(引く)、一定量を!
どんな感じで止まりました?この止まり方はAと同じ事ですよね!、最初から一定の踏力でかける。
なんか、止まり方が変では?一定の踏力=一定の制動力が働いたたらこんな感じで止まりま~す!

DSCN3259

さて、これは現在のGP125クラス(WGP)のフロント回りの写真です!motoGPのものと比べてもかなり小さいですよね!国内ではシングルディスクですがこれはWディスクになっています。キャリパーは2ピストンの対向タイプです、もちろんモノブロックですよ。ローターもかなり小さいタイプです。ちなみに同形状のメタリカのブレーキパッドも発売中ですよ!http://skill.co.jp/metallico/news/2010/20101003/index.htm




Ken.T.Shimane
AUTO STUDIO SKILL
Blog Ranking
月別アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード
Link


RacingSuit
プライドワン


メタリカ


シルコリン


ミシュラン


オーリンズ


ラピットバイク


レジーナ


74Dajiro
ギャラリー
  • 進化するインジェクションコントローラー ACT 1
  • 2回目の再開!
  • 好評のRAPiD BIKE Easy です!Port-2
  • 動き出した来シーズン!
  • 海外で活躍の日本人チーム その1
  • 今夜の作業はこれだ!
  • 今夜の作業はこれだ!
  • 入ってきましたよ!モタードスリックが!
  • Power SUPERSPORT インプレ Part 2
  • Power SUPERSPORT インプレ Part 2
  • Power SuperSport インプレ Part-1
  • CCF 74Daijiroライスポカップ 開幕戦
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-2 本体編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-2 本体編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-2 本体編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-2 本体編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-3 オプション編 その1
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-3 オプション編 その1
  • PILOT POWER 3 デリバリー開始!
  • PILOT POWER 3 デリバリー開始!
  • PILOT POWER 3 デリバリー開始!
  • PILOT POWER 3 デリバリー開始!
  • PILOT POWER 3 デリバリー開始!
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE 緊急番外編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE 緊急番外編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE 緊急番外編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE
  • レギュレーション変更
  • レギュレーション変更
  • 年明けに向けて熱いタイヤウォーズ?
  • Repair of the cylinder
  • Repair of the cylinder
  • 今年最後の初心者講習会と74Daijiro大人レースが開催!
  • 独り言?
  • 独り言?
  • まだまだ続くモータースポーツの秋
  • 日本グランプリ
  • ニューアイテム導入!
  • ニューアイテム導入!
  • ライブドアブログ