燃調

進化するインジェクションコントローラー ACT3


6-GERA前回は6ギヤ対応を可能するRAPiD BIKEの幅の広さの一部をご紹介。今回はその続きをご紹介しましょう。
RAPiD BIKE と言えばやはりMyTuningBike(オプション設定品)を使ってのマップ製作支援でしょう!ワイドバンドのラムダセンサーを使って排気管中のA/F値を測定して目標値のA/F値に近づけるための補正マップを作ってくれる物です。もちろん、ここで作られた補正マップは瞬時に使用されて目標の空燃比に近づけながら燃料コントロールを行っていきます。まあ、ここまでは今までも出来る仕様になっていました。
だから?!ですが・・・。今回の6ギヤ仕様に変更することによって新たな構成が追加されます。
通常、RAPiD BIKE RACINGで使って頂いている仕様はINJ MAP x1 + IG MAP x1 の2枚のマップ構成が基本的です。そこにOPのMy Tuinning Bike を使ってTRIM MAP x1 が追加されます。
で、6速ギヤ仕様は?INJ MAP x6 + IG MAP x6 の12枚のマップ構成に!これで各ギヤ段ごとに理想のマップを書く事が可能になります。そこに、OPのMy Tuning Bikeを接続すれば、なんとTRIM MAP x612-MAPに!各ギヤ段ごとにA/F値を計測、ターゲットのA/F値との差異をレコーディング。その数値は直ちにエンジンマネージメントに反映されエンジンをランニングさせます。これにより、走行条件による変化にいっそう対応が可能になります。
今回ご紹介のYAMAHA R25ようの6Gear対応キットは今までお使いのRAPiD BIKE 本体並びにRAPiD BIKE ハーネスに追加工をする事でバージョンアップ可能になります。
この他にも追加機能がありますがそのお話はまたの時にでも!
燃料を的確に調整する事によってバイクの楽しさをより引き出して楽しんでください!

進化するインジェクションコントローラー ACT 1

昨今のバイクはほぼ燃料噴射に、それも電子制御。その、インジェクションのアジャストメントがずいぶんとキーにDSCN5877なって来ていますね。今、話題のJP250クラスにおいてはHONDA CBR250R以外にはメーカー発売のインジェクションコントローラーが出ていない状況です。そんな中でサードパーティーからのコントローラーで弊社がお勧めしているRAPiD BIKE。昨年まで開催(現在も開催はされているがその座はJP250に)されていたST250クラスで筑波選手権ならびにもてぎ選手権でのチャンピオン獲得した車両もRAPiD BIKEでの制御コントロールをしていました。
そんなRAPiD BIKEですがJP250クラス向けにはHONDA CBR250R,YAMAHA R25,KAWASAKI Ninja250,KTM RC250など幅広くスタンバイをしています。実はなんなRAPiD BIKEは今シーズンからイタリアで行われているYAMAHA CUPレース(YAMAHA R3ワンメイク)においても正式に採用になったりとめまぐるしく進化しています。今回はそのYAMAHA R25ようのRAPiD BIKE のバージョンアップ版の内容をお伝えします。これは通常製品をベースにアップグレードをさせたものです。
RB-F-STD以前に当ブログでもお伝えしたようにRAPiD BIKE には各種設定で幅広い調整が可能になります。このバージョンアップキットは既存のR25ようのキットにワイヤーハーネスを追加工、モジュール(RAPiD BIKE RACINGもしくはEVO)はシステムのアップデートを行いより各ギヤ段ごとの制御マップ構成に変更可能。これによりR25で6種類の点火6-GERAマップと6種類のインジェクションマップ、合計12種類のマップでのコントロール可能に。ローギヤードの加速重視ポイントとトップギアでの延び重視などをインジェクションのみならず点火時期制御(RACINGモジュールのみ)も可能にしました。設定詳細は続きで。

進化するインジェクションコントローラー ACT 2


QS-6g前回は6ギヤ対応を可能するRAPiD BIKEのバージョンキットをリリースとの話まで。今回は6ギア対応にバージョンアップさせた場合にはさらなる末広がり見せるRAPiD BIKEの細やかなアジャストメントをもう少し深掘りをして紹介しよう!今やレーサーには標準装着的になってきたシフター。もちろん、RAPiD BIKE にはそのシフターコントローラーは標準で装備済み。スイッチが有れば即、稼働可能。そのシフターをもう少し深く考えてみよう。実はよく言われるシフターとは、ご存じのようにスロットルを戻さずにシフトアップをしていく物。多くの場合はリードタイムを短く出来る点火をカットをする物が多くみられる。この時に1時的に駆動力を減らしシフトアップをはかります。そこで、ちょっと考えてみましょう!シフターのカット時間のことを。シフトする回転数が異なQS-Adjればカット時間は自ずと変わってきます。それと同じように、本来はギヤ比のギャップが異なる1速から2速の時と5速から6速でも必要なカット時間は変化してきます。そこで、この6速ギヤ仕様ではRAPiD BIKEモジュールに入力されたギヤ信号をシフターの制御にも利用。1速~2速、2速~3速、3速~4速、4速~5速、5速~6速の各シフトアップ時の基本カット時間をおのおの設定が出来ます。その他にも回転数での違い(エンジンが低回転時が高回転時)の補正タイムの入力項目も設定。各ギヤポジションから、また回転数の違いにる微妙な調整も可能になっています。
6速ギヤ仕様の深さはこれでは終わらない!

ただ今、旬のRAPiD BIKE P-2 本体編

RAPiD BIKEの第2弾。まずは本体となるモジュールです。これは大きくわけてRAPiD BIKE RACING(以降RB_LITERACINGと表記)とRAPiD BIKE EVO(以降EVOと表記)の2種類になります。
まずは精悍なブラックボディーのRACING。これはRAPiD BIKEのフラッグシップモデルでもあります。燃料のコントロールはもちろん、点火時期の調整も可能です。その他にもピットレーンリミッターやエンジンブレーキコDSCN5877ントローラーも搭載の最高級バージョンになります。
も う1つがシルバーボディーのEVO(エボリューションと呼ばれています)。こちらは前記のRACINGから点火時期調整機能、ピットレーンリミッターなどを省いたものです。それでも燃 料調整機能はRACINGと替わらずのフルアジャスト機能付きです。でも、本当DSCN5884にいろいろ出来るの?サブコンでしょ!との声に。ではお見せしましょう!まずはMAPの構成。回転数(使用回転域を)40段階に、スロットル開度を8段階という仕様が比較的に多い設定値です。この場合は40(回転数)x8(スロットル開度)=320個のセルに個別な燃料の増減(調整値)を入れていきます。このMAPの構成もデフォルト値の40x8 以外にもいくつか変更が可能になります。たとえばHONDA CBR600RRの場合40x8,30x8,35x9,30x10の4種類の中から選択が可能になります
。そMAP_2の時に回転数の割付、スロットル開度の割付などももちろん調整可能!これ以外にも燃料噴射についてはコントロール法の選択も可能たとえば前記のCBR600RRの場合(4気筒8インジェクター)、通常では1枚のマップ(燃調)で調整を行います。MAP_CONFIGこれ以外に2枚のマップ(燃調が2枚)でシリンダー1,4番と2,3番、もしくは1,3番と2,4番での制御。もう少し細かくと言うユーザーさん向けに4枚のマップ仕様(燃調が4枚)、そう各シリンダーを別々のマップで駆動する方法も。でも究極は8本のインジェクターを8枚のマップ(燃調が8枚)でコントロールする事も可能ですよ。
もちろんマップの切替機能も搭載しているので2種類のマップを搭載可能です。RACINGでの最大マップの搭載は8インジェクターで8枚(燃調)+IG(点火時期) MAPが1枚、これが2種ですから 8MAP+1MAP x2種=18枚のマップをこのモジュールで駆動する事が可能です。もちろんここまでの機能は標準で搭載済み機能です。Le't Try ! Make the MAP!って感じです。燃料のマップだけで8インジェクター x2種ですよ。スゴイと思いません?昔使ったフルコンのH社製ではこんなコト出来ません!もちろん車種別設定済みで基本的なマップが1枚がインストールされていますので、まずは取り付けてお勧めMAPで走ってみましょう!。このアイテムを装着することによりインジェクションコントロールへのパスポートをあなたは手に入れることが出来るのです。そうそう、対応車種は続々と増えていますので弊社ウェッブページで確認して下さい。NewアイテムではHONAD CBR250RようはEVOとRACINGがアップされています!



Ken.T.Shimane

ただ今、旬のRAPiD BIKE P-3 オプション編 その1

もちろんオプションも充実のラインナップ。DSCN5878
まずは1押しのこのオプション!”My Tuning Bike”略して”マイチュー”と呼んでいますが。これは接続モジュールと02センサーからなるオプションパーツの一つです。RAPiD BIKEを取り付ければフルコンに近く燃調等を調整することが可能となりもちろんご自身でのマップを作って入れれば自分のみのマップで走らせることが出来ます。しかし、なかなかと簡単にはマップを書けない!と言うのが本当のところでしょう。そこで、希望120711ADJトリム4-5の空燃比に合わせてマップの製作を支援する装置。これが”マイチュー”です。ワイドバンドのO2センサーを装着し てターゲットの空燃比を設定、その空燃比に向けて調整したトリムマップをリアルタイムに制作するものです。このモジュールとRAPiD BIKEは専用のCANラインで接続。限りなくリアルタイムで補正値を書き込みならが、もちろん噴射にもすぐに反映される。だから、走っている間にフィーリングの違いも確認が出来ます。走行フィーリングが良ければその、出来上がったトリムマップをベースマップを合算!そう すればあっという間に新たなマップが出来上がり!サーキットなどの短い走行時間でもあっと言う間に新たなマップを作ってくれます。これで、ドラフトのマップが完成したので今度は”マイチュー”を止めて、気になる点などをちょこっと微調整をすれば完璧!こんな便利なオプションを使わない手は無いのでは?


Ken.T.Shimane
AUTO STUDIO SKILL
Blog Ranking
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 進化するインジェクションコントローラー ACT 1
  • 2回目の再開!
  • 好評のRAPiD BIKE Easy です!Port-2
  • 動き出した来シーズン!
  • 海外で活躍の日本人チーム その1
  • 今夜の作業はこれだ!
  • 今夜の作業はこれだ!
  • 入ってきましたよ!モタードスリックが!
  • Power SUPERSPORT インプレ Part 2
  • Power SUPERSPORT インプレ Part 2
  • Power SuperSport インプレ Part-1
  • CCF 74Daijiroライスポカップ 開幕戦
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-2 本体編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-2 本体編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-2 本体編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-2 本体編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-3 オプション編 その1
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-3 オプション編 その1
  • PILOT POWER 3 デリバリー開始!
  • PILOT POWER 3 デリバリー開始!
  • PILOT POWER 3 デリバリー開始!
  • PILOT POWER 3 デリバリー開始!
  • PILOT POWER 3 デリバリー開始!
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE 緊急番外編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE 緊急番外編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE 緊急番外編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE
  • レギュレーション変更
  • レギュレーション変更
  • 年明けに向けて熱いタイヤウォーズ?
  • Repair of the cylinder
  • Repair of the cylinder
  • 今年最後の初心者講習会と74Daijiro大人レースが開催!
  • 独り言?
  • 独り言?
  • まだまだ続くモータースポーツの秋
  • 日本グランプリ
  • ニューアイテム導入!
  • ニューアイテム導入!
QRコード
QRコード
Link


RacingSuit
プライドワン


メタリカ


シルコリン


ミシュラン


オーリンズ


ラピットバイク


レジーナ


74Dajiro
  • ライブドアブログ