サイドカー

海外で活躍する日本人チーム その2

では、そのマシンのセットアップは?さいわいその昔に、一緒に仕事(同じチームで参戦をした)をしたことのある大関氏がチームのメカニック兼サブパッセンジャーとして参戦との事。これはチャンス!と。しかしながら大関氏は国内で自身もレースに参戦しているので国内の現場での実践トレーニングは時間的に不可と。そこで無い時間を割いて頂き、弊社にてソフトの使い方、計測値の意味合い、その値を基にアジャストすべき手法などを短時間にレクチャーを。もちろん出来る限りのマニュアルも提供。幸い、今回 はイベント初参rapid-map-3加ということで事前に有るテスト走行にも参加。限りある走行時間中に出来る限りのデータを収集!走行中の動画などもレコーディングをしてデータとして活用を、と余念が無い。事前のテスト走行から多少の時間が開く関係も有り、それらのデータを持って大関氏が一時、日本に帰国を。そこで、またしても限りある国内滞在時間を調整して、デー タの摺り合わせを再度行う。こ こで有効に働いたのが動画であった。動画のみならず音声も入っていたので、走行音から路面のバンピーさや標高変化によるエンジン音の変化など有益な情報が 山盛り。rapid-map-2持ち帰ったデータを現状のマップに反映させるために1枚のシートに展開しならがら新たなマップ製作作業など。アジャスト方向を確認、調整法の再確認等作業は深夜にまで。新データを持って大関氏は再度、渡米。本番に向けてデータのアジャストメントを。今回 のサイドカーに搭載のRAPiD BIKEは2種類のマップを搭載できる仕様。そこで3000m弱のスタート地点から中間地点と中間地点から4300mのゴール付近までの2種類のマップを 製作少しでも最適空燃費を追求することに。初めてのコースにも関わらずかなりの好コンディションでの走行を提供出来たようである。予選までは常に一番時計だったとか?さすがに標高4000m超RB_LITEえのセットアップは日本では考えられないが優秀なエンジニアのおかげで好調さをキープできたことは良かった。また、今まで行ってきたセットアップが間違いなかったことが実証された事でもありうれしい限りです。

海外で活躍の日本人チーム その1

先週末にとあるチームがレース参戦結果報告のために来社されました。彼らは日本では珍しいサイドカーレースをSIDEMCFAJなどで活動をしています。しかしながらMCFAJのみでは刺激が足りない?と感じたか、アメリカのパイクスピークスで行われているヒルクライムに挑戦したいと昨年から準備をしてきました。このイベントご存じの方もいらっしゃるのでは?2輪も4輪もそして3輪のサイドカーも同じコースを走るタイムトライアルです。なんとスタート地点は標高2800m。これでもそれなりの標高ですがその地点からフィニッシュラインの4300mまでを一気に駆け上DSC_0197がるものです。4300mってこの間、世界遺産に登録された富士山の標高より高いんですよ! この標高になると人間もそうですがエンジンだって・・・。特にNAのエンジンでは吸入できる空気密度が極端に減り、空燃費の大幅アジャストをしないと走れなくなってしまいます。そこでチームがコンタクトをしてきてRAPiD BIKEでエンジンマネージメントが出来ないかとの事。今年の年初からエンジンマネージメントのシステム構成やオペレーション方法を考査。そうそうにチームにRAPiD BIKEの機能ならびにお勧め構成をプレゼン、2月には取り付け、3月にはサーキットで占有時間をもうけて実走でセットアップを開始。国内では現地での高度(標高)でのテストは到底不可なので、今のベストを状態をまずは作り出し、ベースとするマップを製作。1日のテストでバッチリと速くなったようでドライバーの渡辺さんのご機嫌も上々。ここまではまずまずと進む。アメリカにマシンを送り出す直前に国内でのレースにも参戦、マップのリファインも問題なく進む。あとの問題は現地でのマップ製作をどうするか?本当は嶋根が現地に行きた~い!と思ったりしてはいましたが・・・。






Ken.T.Shimane

今夜の作業はこれだ!

今夜は社内で勉強会を実施中!アメリカで行われるパイクスピークに挑戦しているサイドカーチーム、このサイドSIDEカーチームのエンジンマネージメントをRAPiD BIKEで行っています。このレースイベントはロッキー山脈を高度3000m弱から一気に4300m地点のゴールに向けて登り切るタイムトライアルイベントです。ご存じのように高度が上がれば空気中の酸素濃度が薄くなり、人間もそうですがエンジンにもかなりの負DSCN6041担が掛かります。そのエンジンのマネージメントをRAPiD BIKEを用いてチューニングを行っています。今回はそのマシンにワイドバンドのラムダセンサーを取付け、走行中の排気管中の酸素濃度を計測しています。この計測値を元に燃料の噴射量を変更していきます。今回はサブパッセンジャー兼現地エンジニアの大関氏が先週末のテスト走行のデータ、走行映DSCN6043像等を持ち帰ってきたのでそれらを検証しています。現地での状況、生の声に走行画像と検証するための材料を一つ一つ確認作業をしていく。その状況等を元に今週末の試走用のベースマップを製作していきます。その後に、セッティングの方向性も作業手順も再度確認を。限られた時間でも出来るだけのことを行う!新たなマップでの試走は今週末、結果が待ち遠しい。海外で活躍する日本人にエールを!



Ken.T.Shimane
AUTO STUDIO SKILL
Blog Ranking
月別アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード
Link


RacingSuit
プライドワン


メタリカ


シルコリン


ミシュラン


オーリンズ


ラピットバイク


レジーナ


74Dajiro
ギャラリー
  • 進化するインジェクションコントローラー ACT 1
  • 2回目の再開!
  • 好評のRAPiD BIKE Easy です!Port-2
  • 動き出した来シーズン!
  • 海外で活躍の日本人チーム その1
  • 今夜の作業はこれだ!
  • 今夜の作業はこれだ!
  • 入ってきましたよ!モタードスリックが!
  • Power SUPERSPORT インプレ Part 2
  • Power SUPERSPORT インプレ Part 2
  • Power SuperSport インプレ Part-1
  • CCF 74Daijiroライスポカップ 開幕戦
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-2 本体編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-2 本体編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-2 本体編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-2 本体編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-3 オプション編 その1
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-3 オプション編 その1
  • PILOT POWER 3 デリバリー開始!
  • PILOT POWER 3 デリバリー開始!
  • PILOT POWER 3 デリバリー開始!
  • PILOT POWER 3 デリバリー開始!
  • PILOT POWER 3 デリバリー開始!
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE 緊急番外編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE 緊急番外編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE 緊急番外編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE
  • レギュレーション変更
  • レギュレーション変更
  • 年明けに向けて熱いタイヤウォーズ?
  • Repair of the cylinder
  • Repair of the cylinder
  • 今年最後の初心者講習会と74Daijiro大人レースが開催!
  • 独り言?
  • 独り言?
  • まだまだ続くモータースポーツの秋
  • 日本グランプリ
  • ニューアイテム導入!
  • ニューアイテム導入!
  • ライブドアブログ