エンジンマネージメント

HONBA CBR250RR + データーロガー Part 2

ロードレースのみならず今年の目玉バイクで有るHONDA CBR250RR。このCBR250RR(HRC RACEベース車のみ) にお手軽に接続のGPSロガーをリリース中です。前回のブログから多くのお問い合わせを頂いていDSC_0377ますのでもう少し詳しくご紹介を。新型のCBR250RRは車両情報をCAN(CAN=Controller Area Network)と言うシステムにデジタルデータを載せて流しています。そのシステムを使う事によって1個のコネクターからいくつかのECU情報を収集できるようになっています。もちろん、これらの取得できるデータは車種によって多種多様です。
今回はCBR25アナライザー全体0RRについてご紹介します。まずはGPSロガーの本体です。これをメーター付近に取り付ければOKです。ケーブルが下グラフ_1方より1本のみ接続です。専用のケーブルを1本車両側ハーネスのコネクターに接続するだけで収拾できるデータは 1)エンジン回転数 2)スロッル開度(右手) 3)スロットルバルブ開度 4)スピードメーター表示 5)GPSスピード 6)冷却水温度 7)ギヤ段数 が取得できます。これに、本体がGPSロガーですからラップタイムにコース図ももちろん表示します。まずはアナライザー全体の画面です。これはツインリンクもてぎでのテストデーターです。7周くらいのデータの一部です。一部分にフコース図_1ォーカスをしていけば各種数値がより細かく見えてきますよね。一番上の赤色はエンジン回転数。2番目のピンク色は水温。青色がスピードメータ表示、黄緑色はGPS速度に。その下の青色はスロットルバルブ開度、ピンク色はスロットル開度(右手)。一番下の赤色はギヤ段数を示しています。また、グラフ上のカーソル位置の場所を示すコースマップの表示も可能。これによってどこでの問題かなどの確認には持って来いです!もちろん、異なるラップを重ねて表示する事で走行時の違いを見る事も可能です。これは基本的にGPSラップタイマーですがオプションのワイドバンドラムダセンサーを追加する事により、走行中のA/Fもロギング可能です。1ラインの接続でここまで出来るロガーです!もし、SOLO DL をお持ちの方は専用ハーネスの購入とプログラムの書換のみで対応可能です。

      

HONBA CBR250RR + データーロガー

ロードレースの地方選手権でも旋風を起こしているHONDA CBR250RR。先日のブログでもリリースしました燃調コントローラーのRAPiD BIKEは好調にユーザーが増えています。今回のホンダCBR250RRは最新のバイクらしくドライブbyワイヤーを採用。その関係からかCAN(コントローラー エリア ネットワーク)通信を採用されています。これにより既存のアナログタイプDSC_0191のデータロガーがそのままでは使用できません。そこで今回はAIM製のお手軽データーロガーでもある、SOLO DLのPlug and Play機能を使ってデータ収集を出来るようにしました。これにより、SOLO DLを車両に固定して専用のハーネスを1本を車両のカプラーに接続するだけでセットアップ完了!このあたりがCANの強みですよね。アナログでの収集ではこうはいかない!で、CBR250RRから収集できるデータはエンジン回転数(メーター表示用回転数)、リヤ車速、ギヤ段数、スDSC_0193ロットル開度、スロットルグリップ開度、エンジン水温の6種。これにSOLOに搭載のGPSを使ってのGPSスピードとなります。もちろんデータの解析はRace Studioが使用できます。これにより既存のAIMデータとの比較も簡単出来ます。現在、専用のPlug and Playケーブル並びに本体のデータのアップデート作業を準備中です!これで新型のCBR250RRのデータ収集も簡単に可能になります。

HONDA CBR250RR + アドコンピューター

今シーズンの台風であろうHONDA CBR250RR。車両もデリバリーが始まり各種情報がより速いスピードで飛び交っていますね。先週の筑波選手権で地方選デビュー、今週末はもてぎでは全日本選手権併催のJP250でデCBR250RR-TESTビューの予定。各ショップ、チームがしのぎを削っていることでしょう。同じように、各社から続々と種々のパーツもリリースされ始めているようです。そんな中、我らがRAPiD BIKEもCBR250RRのモジュールをテスト版にてデリバリー開始です!アドコンピュターのRAPiD BIKEからはテスト版ですが、まずはユーザー様の手元に届くように順次始まりました。
主な調整項目は燃料の増減、点火時期の変更、レブリミットの変更、などなど盛りだくさん。
燃料の増減についても回転数は40ステップ、スロットル開度は8ステップに設定。もちろん、そのステップ割合をTRIM変更することも可能です。このマップのステップは、燃料も点火時期も同じ割りになるためにセッティングを進めていくと有効性がより出てきます。またインラインの2気筒のためにそんなに必要性がないかとは思われますが各気筒ごとのマップ構成も可能に。この場合、噴射マッMAP-CONプが2枚に点火マップが1枚の合計で3枚構成にすることも可能です。レブアップについてはスタンダードが14000rpm(レースベース車は14500rpm)の所を15500rpmに調整可能(回転数の調整はユーザーサイドでは不可、発注時に指示をお願いします)。
この他にはMyTuinigBikeと言うオプションを接続することを強くお勧めします。これはワイドバンドラムダセンサーが付属してエンジンランニング中の排気管濃度を測定、目標の空燃比にちかずけるべく補正マップを自動育成する物です。モジュールならびにオプションがシームレスに作動するためにその威力は絶大です。ターゲットの空燃比を設定すればそのレンジの差異を埋めるべきトリムマップを生成、その次のサイクルからそのトリムを使って噴射していきます。よって、実際の走行状態合わせてのセッティングが手早く行うことが可能になっています。RAPiD BIKEはサブコンでは無く、アドコンピューターです。ご興味の有る方はお早めに。
AUTO STUDIO SKILL
Blog Ranking
月別アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード
Link


RacingSuit
プライドワン


メタリカ


シルコリン


ミシュラン


オーリンズ


ラピットバイク


レジーナ


74Dajiro
ギャラリー
  • 進化するインジェクションコントローラー ACT 1
  • 2回目の再開!
  • 好評のRAPiD BIKE Easy です!Port-2
  • 動き出した来シーズン!
  • 海外で活躍の日本人チーム その1
  • 今夜の作業はこれだ!
  • 今夜の作業はこれだ!
  • 入ってきましたよ!モタードスリックが!
  • Power SUPERSPORT インプレ Part 2
  • Power SUPERSPORT インプレ Part 2
  • Power SuperSport インプレ Part-1
  • CCF 74Daijiroライスポカップ 開幕戦
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-2 本体編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-2 本体編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-2 本体編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-2 本体編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-3 オプション編 その1
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-3 オプション編 その1
  • PILOT POWER 3 デリバリー開始!
  • PILOT POWER 3 デリバリー開始!
  • PILOT POWER 3 デリバリー開始!
  • PILOT POWER 3 デリバリー開始!
  • PILOT POWER 3 デリバリー開始!
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE 緊急番外編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE 緊急番外編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE 緊急番外編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE
  • レギュレーション変更
  • レギュレーション変更
  • 年明けに向けて熱いタイヤウォーズ?
  • Repair of the cylinder
  • Repair of the cylinder
  • 今年最後の初心者講習会と74Daijiro大人レースが開催!
  • 独り言?
  • 独り言?
  • まだまだ続くモータースポーツの秋
  • 日本グランプリ
  • ニューアイテム導入!
  • ニューアイテム導入!
  • ライブドアブログ