アイテム

HONBA CBR250RR + データーロガー

ロードレースの地方選手権でも旋風を起こしているHONDA CBR250RR。先日のブログでもリリースしました燃調コントローラーのRAPiD BIKEは好調にユーザーが増えています。今回のホンダCBR250RRは最新のバイクらしくドライブbyワイヤーを採用。その関係からかCAN(コントローラー エリア ネットワーク)通信を採用されています。これにより既存のアナログタイプDSC_0191のデータロガーがそのままでは使用できません。そこで今回はAIM製のお手軽データーロガーでもある、SOLO DLのPlug and Play機能を使ってデータ収集を出来るようにしました。これにより、SOLO DLを車両に固定して専用のハーネスを1本を車両のカプラーに接続するだけでセットアップ完了!このあたりがCANの強みですよね。アナログでの収集ではこうはいかない!で、CBR250RRから収集できるデータはエンジン回転数(メーター表示用回転数)、リヤ車速、ギヤ段数、スDSC_0193ロットル開度、スロットルグリップ開度、エンジン水温の6種。これにSOLOに搭載のGPSを使ってのGPSスピードとなります。もちろんデータの解析はRace Studioが使用できます。これにより既存のAIMデータとの比較も簡単出来ます。現在、専用のPlug and Playケーブル並びに本体のデータのアップデート作業を準備中です!これで新型のCBR250RRのデータ収集も簡単に可能になります。

HONDA CBR250RR + アドコンピューター

今シーズンの台風であろうHONDA CBR250RR。車両もデリバリーが始まり各種情報がより速いスピードで飛び交っていますね。先週の筑波選手権で地方選デビュー、今週末はもてぎでは全日本選手権併催のJP250でデCBR250RR-TESTビューの予定。各ショップ、チームがしのぎを削っていることでしょう。同じように、各社から続々と種々のパーツもリリースされ始めているようです。そんな中、我らがRAPiD BIKEもCBR250RRのモジュールをテスト版にてデリバリー開始です!アドコンピュターのRAPiD BIKEからはテスト版ですが、まずはユーザー様の手元に届くように順次始まりました。
主な調整項目は燃料の増減、点火時期の変更、レブリミットの変更、などなど盛りだくさん。
燃料の増減についても回転数は40ステップ、スロットル開度は8ステップに設定。もちろん、そのステップ割合をTRIM変更することも可能です。このマップのステップは、燃料も点火時期も同じ割りになるためにセッティングを進めていくと有効性がより出てきます。またインラインの2気筒のためにそんなに必要性がないかとは思われますが各気筒ごとのマップ構成も可能に。この場合、噴射マッMAP-CONプが2枚に点火マップが1枚の合計で3枚構成にすることも可能です。レブアップについてはスタンダードが14000rpm(レースベース車は14500rpm)の所を15500rpmに調整可能(回転数の調整はユーザーサイドでは不可、発注時に指示をお願いします)。
この他にはMyTuinigBikeと言うオプションを接続することを強くお勧めします。これはワイドバンドラムダセンサーが付属してエンジンランニング中の排気管濃度を測定、目標の空燃比にちかずけるべく補正マップを自動育成する物です。モジュールならびにオプションがシームレスに作動するためにその威力は絶大です。ターゲットの空燃比を設定すればそのレンジの差異を埋めるべきトリムマップを生成、その次のサイクルからそのトリムを使って噴射していきます。よって、実際の走行状態合わせてのセッティングが手早く行うことが可能になっています。RAPiD BIKEはサブコンでは無く、アドコンピューターです。ご興味の有る方はお早めに。

新型タイヤの速報が入ってきました!

来春、日本ミシュランタイヤから新型タイヤが発売されると正式発表が有りました。MICHELIN POWER RSイメージ
このタイヤは先日のオーストラリアGP時に現地で発表されたタイヤです。
国内でも発表が有りましたのでそこからのご案内です!まずはそのリリースを掲載します!今話題の250ccクラスのタイヤが久々にラインナップされていることもうれしいですね!

モーターサイクル用スポーツタイヤ「MICHELIN POWER RS(ミシュラン パワー アールエス)」を2017年春より順次発売すると発表しました。発売サイズはフロント4サイズ、リア9サイズの計13サイズとなります。
フロント        
110/70ZR17 54W     110/70R17 54H    120/60ZR17 55(W) 120/70ZR17 58(W)
リア
140/70R17 66H  150/60ZR17 66(W)  160/60ZR17 69(W)  180/55ZR17 73(W)
180/60ZR17 75(W) 190/50ZR17 73(W)  190/55ZR17 75(W) 200/55ZR17 78(W)  240/45ZR17 82(W)

MICHELIN POWER RS はミシュランが豊富に持つレース経験とそこから得た技術に加え、これまでのタイヤ開発における多様なイノベーションを1本のタイヤに結集させた高次元パフォーマンスタイヤです。リアタイヤにはMICHELIN ACT(アダプティブ・ケーシング・テクノロジー)※1を更に進化させたMICHELIN ACT+(アダプティブ・ケーシング・テクノロジー・プラス)を採用。レースからフィードバックされた専用コンパウンドと新設計のケーシング構造により、直進からコーナリングに至るまで様々な走行条件に対応し、優れた操縦安定性を発揮します。

MICHELIN POWER RS はドライ路面における走行時のグリップ性能と安定性と即応性に優れたハンドリング性能を兼ね備え、250㏄クラスから大型車まで幅広いライダーに次世代を感じていただける仕上がりとなっています。

進化するインジェクションコントローラー ACT3


6-GERA前回は6ギヤ対応を可能するRAPiD BIKEの幅の広さの一部をご紹介。今回はその続きをご紹介しましょう。
RAPiD BIKE と言えばやはりMyTuningBike(オプション設定品)を使ってのマップ製作支援でしょう!ワイドバンドのラムダセンサーを使って排気管中のA/F値を測定して目標値のA/F値に近づけるための補正マップを作ってくれる物です。もちろん、ここで作られた補正マップは瞬時に使用されて目標の空燃比に近づけながら燃料コントロールを行っていきます。まあ、ここまでは今までも出来る仕様になっていました。
だから?!ですが・・・。今回の6ギヤ仕様に変更することによって新たな構成が追加されます。
通常、RAPiD BIKE RACINGで使って頂いている仕様はINJ MAP x1 + IG MAP x1 の2枚のマップ構成が基本的です。そこにOPのMy Tuinning Bike を使ってTRIM MAP x1 が追加されます。
で、6速ギヤ仕様は?INJ MAP x6 + IG MAP x6 の12枚のマップ構成に!これで各ギヤ段ごとに理想のマップを書く事が可能になります。そこに、OPのMy Tuning Bikeを接続すれば、なんとTRIM MAP x612-MAPに!各ギヤ段ごとにA/F値を計測、ターゲットのA/F値との差異をレコーディング。その数値は直ちにエンジンマネージメントに反映されエンジンをランニングさせます。これにより、走行条件による変化にいっそう対応が可能になります。
今回ご紹介のYAMAHA R25ようの6Gear対応キットは今までお使いのRAPiD BIKE 本体並びにRAPiD BIKE ハーネスに追加工をする事でバージョンアップ可能になります。
この他にも追加機能がありますがそのお話はまたの時にでも!
燃料を的確に調整する事によってバイクの楽しさをより引き出して楽しんでください!

進化するインジェクションコントローラー ACT 2


QS-6g前回は6ギヤ対応を可能するRAPiD BIKEのバージョンキットをリリースとの話まで。今回は6ギア対応にバージョンアップさせた場合にはさらなる末広がり見せるRAPiD BIKEの細やかなアジャストメントをもう少し深掘りをして紹介しよう!今やレーサーには標準装着的になってきたシフター。もちろん、RAPiD BIKE にはそのシフターコントローラーは標準で装備済み。スイッチが有れば即、稼働可能。そのシフターをもう少し深く考えてみよう。実はよく言われるシフターとは、ご存じのようにスロットルを戻さずにシフトアップをしていく物。多くの場合はリードタイムを短く出来る点火をカットをする物が多くみられる。この時に1時的に駆動力を減らしシフトアップをはかります。そこで、ちょっと考えてみましょう!シフターのカット時間のことを。シフトする回転数が異なQS-Adjればカット時間は自ずと変わってきます。それと同じように、本来はギヤ比のギャップが異なる1速から2速の時と5速から6速でも必要なカット時間は変化してきます。そこで、この6速ギヤ仕様ではRAPiD BIKEモジュールに入力されたギヤ信号をシフターの制御にも利用。1速~2速、2速~3速、3速~4速、4速~5速、5速~6速の各シフトアップ時の基本カット時間をおのおの設定が出来ます。その他にも回転数での違い(エンジンが低回転時が高回転時)の補正タイムの入力項目も設定。各ギヤポジションから、また回転数の違いにる微妙な調整も可能になっています。
6速ギヤ仕様の深さはこれでは終わらない!
AUTO STUDIO SKILL
Blog Ranking
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 進化するインジェクションコントローラー ACT 1
  • 2回目の再開!
  • 好評のRAPiD BIKE Easy です!Port-2
  • 動き出した来シーズン!
  • 海外で活躍の日本人チーム その1
  • 今夜の作業はこれだ!
  • 今夜の作業はこれだ!
  • 入ってきましたよ!モタードスリックが!
  • Power SUPERSPORT インプレ Part 2
  • Power SUPERSPORT インプレ Part 2
  • Power SuperSport インプレ Part-1
  • CCF 74Daijiroライスポカップ 開幕戦
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-2 本体編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-2 本体編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-2 本体編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-2 本体編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-3 オプション編 その1
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE P-3 オプション編 その1
  • PILOT POWER 3 デリバリー開始!
  • PILOT POWER 3 デリバリー開始!
  • PILOT POWER 3 デリバリー開始!
  • PILOT POWER 3 デリバリー開始!
  • PILOT POWER 3 デリバリー開始!
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE 緊急番外編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE 緊急番外編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE 緊急番外編
  • ただ今、旬のRAPiD BIKE
  • レギュレーション変更
  • レギュレーション変更
  • 年明けに向けて熱いタイヤウォーズ?
  • Repair of the cylinder
  • Repair of the cylinder
  • 今年最後の初心者講習会と74Daijiro大人レースが開催!
  • 独り言?
  • 独り言?
  • まだまだ続くモータースポーツの秋
  • 日本グランプリ
  • ニューアイテム導入!
  • ニューアイテム導入!
QRコード
QRコード
Link


RacingSuit
プライドワン


メタリカ


シルコリン


ミシュラン


オーリンズ


ラピットバイク


レジーナ


74Dajiro
  • ライブドアブログ