さて、シーズンも終盤戦。この"moto GPへの路”も終盤に。
日本から一番身近なアジアタレントカップ(ATC)の事をなるべく盛りだくさん情21682756報を載せながら書いてきました。今回はその上位的なポジションに有るRedBull motoGP ROOKIES CUP(RRC)について少し書きましょう。RRCはATCの基となるシステム形態です。

moto GP主催者で有るドルナスポーツが若手育成のためにRedBullをメインスポンサーに2007年から開催している1メイクレース(カップレース)です。当初はKTMの2ストロークエンジンの125ccのレーサー KTM RC125 、GP125仕様でした22243698_1559507964092971_1297583709_oが2013年よりマシンをKTM RBR250 moto3仕様に変更、4ストローク化になりました。全体のシステム的にはATC同様に全員が同一車両でレザースーツ、ヘルメット、チームウェアまでもが支給されて7ラウンド、13レース(’17シーズン)でチャンピオンシップを競います。もちろん、シーズンイン前にはテストも開催されます。こちらもATC同様に数台でチーム(グループ)を作り総勢20数台でのレース開催になります。このステージはmotoGPに一歩近いだけ有り、参加者は欧州を中心に世界各国から集まります。こちらもATC同様に10月にセレクションが行われ翌シーズンのシートが決まっていきます。そしてなんと言ってもそのRRCの卒業生の活躍もすごい!輩出されたライダーの多数はmoto3、moto2へとステップアップを果たしています。その初代チャンピオンは今でも活躍をしているJohann Zarco選手です。また、2016年にはポディウム日本人初のシリーズチャンピオンを佐々木選手が獲得。今シーズンにはmoto3へとステップアップを果たしましたね。今シーズンのRRCも終了、今シーズンも激闘の上、日本人ライダーの真崎選手がチャンピオンを獲得。
このようにATCの先にもしっかりとした"moto GPへの路”が確立されているのです。ここでバリバリと活躍が出来ればmotoGPへはあと少し!
そうそう、ATCと異なる点はRRCはパドック集合のパドック解散となるのが大きな違いかもしれない。(写真協力:渡部氏 他)

参考ページ
http://rookiescup.redbull.com/
https://www.facebook.com/redbullrookiescup/