オートスタジオスキルでは1昨年までは神奈川の相模湖近郊において74Daijiroを使っての初心者向けのスクールやレースを行ってバイクレースへの底辺作りお手伝いを微力ながら行ってきました。
昨今ではそのように入門のスクーリングなどが全国各地で行われていますね。
今でも多くのちびっ子ライダーの将来の夢はmoto GP ライダーでは?E4jO_5fmNMiNg7l1376829144
その昔において(1980年代後半くらい)は全日本ロードレース選手権でチャンピオンを獲得してその上位に有るWGP(世界グランプリ)の出場資格をゲットしてWGPに羽ばたいていった物です(当時の出場権は各ナショナル選手権のチャンピオンにのみ与えられていた)。また、当時は全日本ロードレース選手権でチャンピオンの獲得者であればWGPに出場してもそれなりの成績を収める事が出来ました(そのくらい全日本ロードレースのレベルも高かった)。それを証明するように91年、ワイルドカードで日本GPにスポット参戦した上田選手はポールポジョンを獲得、レースでも優勝をもぎ取り急遽フル参戦に変更、GPライダーに転身しました。また、93年に初めてフル参戦を果たした原田選手はその参戦を始めた年にシリーズチャンピオンを獲得。そのように、全日本ロードレース選手権から多くのWGPライダーが巣立っていきました。
残念なが74daijiroロゴらこの10年くらいはグランプリに出場する日本人は減少。活躍の声も少なくなってきているのが実情ですね。
では、昨今のグランプリへの路はどうなっているんでしょうか?
次回はその当たりを説明しましょう。