前回に続きRAPID BIKE Easyの最新情報を!今回はユーザー様からの熱烈な要望によりRAPiD BIKE EasyのRB_LITEラインナップに無い車種に装着ならびに性能試験を行いました。その状況をお伝えします。今回のテスト車両はYAMAHAから発売直後のBOLT。この車両にIMG_20140206_133456175
VANCE&HINESのスリップオンマフラーを装着。マフラー変更の関係上アフターファイヤーが発生、このアフターファイヤーの低減が最大の目的でのテスト。まずはDSCN5898YAMAHA BOLTにVANCE&HINESのスリップオンマフラーの取付から。ノーマルのサイレンサーを外すところでO2センサーの形状,種類等を確認。使えそうな素材をRAPiD BIKEのラインナップからピックアップ。サイレンサー交換後にエンジンIMG_20140206_140739293始動を。案の定、サイレンサーのみの交換ではアフターファイヤーが頻発に発生。さっそく、RAPiD BIKE Easyを接続、O2センサーの暖気を。Easyも無事にアクティブ状態に、うまく行くかな!?軽くレーシングをしてみるとアフターファイヤーの低減を確認。ここまで来たらテストライドを。数回の走行を重ね、アフターファイヤーの低減のみならずドライバビリティーのフィーリング向上も確認をしながら最適なポジションを選定。再度、Easyを取り外し、効能を再確認。十分に改善効果を確認。最後に本体のフィッティングポジションの確認も。ワイヤリングも取り回しも確認OK。ここまで行えばこれを基に製品ラインナップも間近かも?。IMG_20140207_115901663

今回のテストはオートスタジオスキルが独自に行った性能確認テストです。RAPiD BIKE社が性能保証したラインナップの話では有りません。ご注意下さい。