では、そのマシンのセットアップは?さいわいその昔に、一緒に仕事(同じチームで参戦をした)をしたことのある大関氏がチームのメカニック兼サブパッセンジャーとして参戦との事。これはチャンス!と。しかしながら大関氏は国内で自身もレースに参戦しているので国内の現場での実践トレーニングは時間的に不可と。そこで無い時間を割いて頂き、弊社にてソフトの使い方、計測値の意味合い、その値を基にアジャストすべき手法などを短時間にレクチャーを。もちろん出来る限りのマニュアルも提供。幸い、今回 はイベント初参rapid-map-3加ということで事前に有るテスト走行にも参加。限りある走行時間中に出来る限りのデータを収集!走行中の動画などもレコーディングをしてデータとして活用を、と余念が無い。事前のテスト走行から多少の時間が開く関係も有り、それらのデータを持って大関氏が一時、日本に帰国を。そこで、またしても限りある国内滞在時間を調整して、デー タの摺り合わせを再度行う。こ こで有効に働いたのが動画であった。動画のみならず音声も入っていたので、走行音から路面のバンピーさや標高変化によるエンジン音の変化など有益な情報が 山盛り。rapid-map-2持ち帰ったデータを現状のマップに反映させるために1枚のシートに展開しならがら新たなマップ製作作業など。アジャスト方向を確認、調整法の再確認等作業は深夜にまで。新データを持って大関氏は再度、渡米。本番に向けてデータのアジャストメントを。今回 のサイドカーに搭載のRAPiD BIKEは2種類のマップを搭載できる仕様。そこで3000m弱のスタート地点から中間地点と中間地点から4300mのゴール付近までの2種類のマップを 製作少しでも最適空燃費を追求することに。初めてのコースにも関わらずかなりの好コンディションでの走行を提供出来たようである。予選までは常に一番時計だったとか?さすがに標高4000m超RB_LITEえのセットアップは日本では考えられないが優秀なエンジニアのおかげで好調さをキープできたことは良かった。また、今まで行ってきたセットアップが間違いなかったことが実証された事でもありうれしい限りです。